文芸処・椋岡屋

HOME > イベント情報 > コミティア112参加レポート

イベント参加レポート

「文芸処・椋岡屋」のイベント参加レポートをお届けします。

★コミティア112

会場情報
  • 日時…2015年05月05日(火・祝)11:00~16:00
  • 会場…東京ビッグサイト東4・5・6ホール(東京都江東区)
  • ジャンル…文芸
  • スペースNo.…V37a
持参作品
  • 眠りゆく車両きみ
  • 聴け、蒼天の詩を(お試し版)
  • 恋の遺失物預かり所
  • 幸せを運ぶ黄色いお隣の電車
レポート

蒼を基調にした「文芸処・椋岡屋」サークルブース。前回より少しだけ変更してみました。

▲前回より少しだけ変更してみました。

 仕切り直して2回目のイベント参加となりましたコミティア112。前回の反省を踏まえて、もっと余裕を持って準備をすべきだったのですが、 新刊となる「眠りゆく車両きみへ」の原稿の最終仕上げが出来たのが、前日の5月4日。 不幸中の幸いは、パソコンのOSバージョンアップでやむなく買い替えたモノクロレーザープリンターが自動両面印刷機能付きで、 ワープロソフトの冊子印刷機能もフル活用出来て、印刷から製本まで前回より遙かに時間短縮出来たことでした。

 ただし、その新刊のノンブルを振り間違えていたことを、所定部数分の印刷が完了した後に気付き、その場で印刷した用紙をバラ撒こうかと思ったぐらいに、 かなり痛手を受けたのですが、印刷し直すのには時間というよりは用紙が足りないので、開き直って、そのまま製本したのでした。

 そして、新刊の最終仕上げをしているうちに、「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」の放送時刻(5月は3日27時~29時放送)になり、 せっかくだから聴いてみよう、と思ったのが運の尽きでしょう。見事に風邪を引いてしまい、コミティア112当日は鼻声対応になってしまいました。スミマセン。


 今回のコミティア112はGW期間中とあって、3ホール開催なのですが、文芸島へ流れる人はいつもと同じぐらい、もしかしたら、少ないのかなぁ、と思ったのですが、 前日に文学フリマがありましたし、配置されたスペースが、有志サークルで開催のスタンプラリーに参加しているサークルから離れた位置だったことが、 影響しているのかなと思わなくもなく。もっとも、風邪っぴきの椋岡には、適度な暇加減でちょうど良かったという、皮肉さはありましたが(ぇ。

 7年振りのサークル参加でありながら、カタログから椋岡のサークルを見つけ出して、来訪された方がいらっしゃまして、数年ぶりの再会。 もう、びっくりでした。


 今回の持参作品のうち、新刊の「眠りゆく車両へ」の表紙は、ヘタレ絵ながらのフルカラー。 イメージとしては、「こどもがクレヨンで描いた海岸線9000系(車体側面帯変更車)」です。使用したクレヨン(食物色素使用の蜜蝋クレヨン)に灰色がなくて、 ステンレス車体の再現に一苦労(苦笑)。それでもって、空(水色)の部分は複合機のコピーでは綺麗に読み取れず、原画はもっと濃い色合いになっています、はい。 そのお陰か、今回持参した作品の中でも、売れ行きが良かったのが「眠りゆく車両へ」だったので、フルカラー表紙の力は結構あるものです。

 それに比べると、「聴け、蒼天の詩を(お試し版)」の方は、表紙にインパクトがないせいか、それとも、作品紹介が大雑把だったのか、 あまり手に取って頂けなかったので、第1巻刊行時には弾力的に改善が必要ですね。鉄道車両と鉄道員の制服をちゃんと描ける絵師さまがいればなぁ、 と思いながらも、イラスト系のサークルを探す時間がないのが、1人参加の哀しいところ。鉄道系サークルも参加しているのは見掛けたのですが……。

 あと、宿題として、これから展開する作品の内容からすると、多摩川高速鉄道のガイドブック的な冊子を出した方が良いかもと、ふと気付いて、 その内容の素案を考えていたのは、この椋岡です(爆)。


 以下、余談的なことです。

 冒頭の通り、今回もギリギリまで準備をしていたため、立川を出たのが、前回と同じ「かいじ112号」でした。ただし、前回の教訓がありますので、 新宿駅での乗り換え時間に新南口&サザンテラス口改札内トイレ(ここ、個室が多くて空いているので穴場)に寄ってから、湘南新宿ライン→りんかい線と乗り継いで、 東京ビックサイトへ到着。コミティアだと10時前の入場は遅い方なのですが、東1~3ホールで開催の同人イベントの方は、ずらっとサークル入場待ちの列が続いて、 軽くビビリながら、椋岡の方はさくっと入場したのでした。

 小物関係も設営が終わってから、カードに手書き(苦笑)。前回と少し変えてみたのですが、次回の参加時には持参作品数が増えるはずなので、 またレイアウトの変更がありそうです。


 終了後は、東京ビックサイト内のプロントで一息入れて、人の流れが落ち着いた頃を見計らって、都営バスで東京駅へ行くパターンが多く、今回もそのパターンなのですが、 GW中の東京駅は、観光客などの不慣れな利用者でごった返しておりまして、丸の内北口に行くバスで正直なところ「ほっ」。 ただ、トイレに並ぶ列もいつもの休日以上の長さで、その分、中央線快速に乗る時刻も遅くなったのですが、猛烈に眠くなる時間帯というのは変わらないようでして、 眠くなる場所(駅)が前倒しになっていました(苦笑)。もっとも、前倒しになった分、目が覚めるのも早くなるので、寝過ごして高尾や青梅まで行くリスクは減るので、 悪くはないです(爆)。

 風邪を引いていることもあり、帰宅後は早めに就寝。翌日もお休みで特に予定が無かったので、昼過ぎまでガッツリ寝たお陰で、風邪の症状はかなり治まってヤレヤレと。 体調管理というよりは、睡眠時間の管理はちゃんとしないとダメですね……って、椋岡に言われたくないって?


 何はともあれ、コミティア112も何とか無事に終了することが出来ました。お越し頂いた皆様、作品を手に取って頂いた皆様、本当にありがとうございました。 次回は8月開催のコミティア113を予定しております。